中古車の走行距離

走行距離はやっぱり少ない方が高く売れる?

僕は毎日、為替のレートを観察してるんですけど、
なにぶん副業としてしてるので最近の為替レートを見てる参戦出来なくなってます。
少し前までは落ち着いていたんですけどね!

 

走行距離

では、本題に戻って、車の疑問について答えて行きたいと思います。

今日は皆さんが一番疑問に思われてる事だとは思うんですけど、
『走行距離が少ないのがイイ?』と言う疑問ですね。

 

実際に走行距離は少ない方のがいいですよ!
査定の金額が変わってきますからね。

 

過走行は金額が下がって、一般的な走行距離より少ないと
金額はプラスされます
よ。
まぁ、年単位でどれぐらい走らせるかによるんですけどね。

 

年間一万キロぐらいだとプラスマイナスゼロぐらいです。その辺がボーダーラインだとは思います!

 

それに、どうして乗って走らせたら走行距離が少ない人より走行距離が多い人のが消耗品の劣化がありますからね。

 

例えば10万キロに一回のタイミングベルトの効果や、
定期的に訪れるオイル交換なんかを適性の時期にしてないとその分、車に負担はかかってますしね。

 

やっぱり走行距離が多いのと少ないのでは車への負担が変わって来ますので価値は変わります。
まぁ人気車種であれば走行距離が多くても高く買取はして貰えるんでしょうね!

 

皆さんも沢山、車に乗るのはほどほどに。環境にも優しいですよ!

 

 

>> 人気の車種は高く売れますか?

 

 

 

>>> 車を高く売るための3つの裏技はこちら